2015/12/13

高麗 奉納 鉄馬

um 1


uma 2

uma 3


高麗時代に奉納の為に埋められた鉄馬で、
名前のとおり鉄製でずっしりと重いです。

ディフォルメされた造形で画像からわかりにくいですが、鞍が乗っています。
尻尾の部分がわずかに欠損していますが保存状態は良いです。

自立しますので飾るにも適しているでしょう。
土中の経年変化でまるで現代アートのオブジェにも見えますね。

鉄馬はそう多く流通しているものではないので初めて見る方もいらっしゃると思います。
当店に展示しておりますので、お近くにいらした際にはぜひ遊びに来てください。


古美術 阿吽 ホームページ
スポンサーサイト
2015/11/29

九州 鬼神系 土俗面

kijin men 1

kijin men 2

kijin men 4


九州の鬼神系の面だと思います。
このような面はもともとスサノオの面が変化してできたそうです。
厳めしい表情の面なのですがユーモラスな表情にも見えます。

近くで見ると経年のススで黒くなっておりとても雰囲気も良いです。

参考の書籍は
「日本の土俗面」料治熊太著です。

古美術 阿吽 ホームページ
2015/11/09

コプト裂

blog copt 1


blog copt 2



コプト裂
額装 古代エジプトのコプト綴織りです。
まだ詳細は調べていませんが、中心部分に人物?らしき文様が描かれています。

ギリシャ神話をモチーフにした文様も多くあるので、男神もしくは女神かもしれませんね。
ホームページに掲載する際はもっと詳しく解説しますが、まずはブログにアップしました。




古美術 阿吽 ホームページ

2015/11/09

室町地代 丸文 合鹿碗

blog gouroku 1


blog gouroku 2


室町時代の丸文の合鹿碗です。
合鹿碗は無地のものがほとんどですが、こちらは丸文がありとても珍しいです。

二の碗は特に大きなダメージはありませんが、
一の碗にヒビが入っています。

どっしりと古格を感じる碗ですので、座辺に飾って楽しめるかと思います。

内側に朱漆が所々に塗るというか伸ばされています。
もしかすると漆を塗る際の碗として転用されたのかもしれませんね。

近いうちにホームページに掲載すると思いますので、お楽しみに!

古美術 阿吽 ホームページ



2015/10/26

ローマングラス

ローマングラス 

ローマングラスの小壷3点です。
土中で珪酸や酸化アルミなどが鉄、銅、マグネシウム分などと化学変化を起こし、
このように銀色の皮膜ができます。

銀化のしかたは千差万別でルーペで見ると層が形成されていたり、
輝きの違いがあったりと楽しめます。

ごく稀に正倉院御物のペルシャのガラス鉢と同手の物で銀化したものも出てくる事もあります。
もちろんキズがあるものがほとんどですが、ロマンをを感じますね。

今回のロマングラスは小ぶりですがもう少し大きいものもあります。
価格は手ごろなものも多いのでコレクションの対象にしてもおもしろいジャンルだと思います。

古美術 阿吽 ホームページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。