FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/16

沖縄 原始布 芭蕉布

blog bashoufu

今回は沖縄の原始布、芭蕉布です。

こういった繊維は紡ぐ事ができず、芭蕉の木の靭皮繊維を績んで糸を作ります。
績む(うむ)という繊維同士を絡ませて糸を作る作業が必要。

この作業はとても時間がかかり、大変な作業です。(1反分で数ヶ月)

折りも高機ではなく、いざり機と呼ばれる原始的な機織で織っていきます。

独特のシャリシャリした感触で夏の着物、帯、座布団に用いられとても涼しげな織物のひとつですね。
麻の繊維との違いは口では説明し難いですが触っていただくとすぐに違いがわかると思います。

日本にはほかにもこの様な靭皮繊維の織物は麻布、藤布、科布、厚司(アイヌ)など様々です。
原始布はいろいろな工夫をして製作され当時の生活の生かされていました。

日本の織物はとても幅が広いですが、このような布も調べてみると面白いものです。

古美術 阿吽 ホームページ








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。